ローンは「借金」

ローンは「借金」なので契約の際には必ず本当に返せるのかどうか審査があります。

審査は

・毎月の収入
・勤続年数
・年齢
・他の借入状況
・ローン返済実績
・会社の業績
・担保

などを通して返済能力をみます。
しかし、審査の基準は会社ごとに違ってくるため、A社に通ってもB社に通らないということがあります。

審査では消費者情報信用機関を通じてローンについて滞納、返済不履行実績などをチェックします。俗にいう「ブラックリスト」と呼ばれるもので一回でも延滞があれば、審査に通らない契約もあります。

正しい知識を身につけよう

ローンは「借金」であり、返済が伴います。
お金を借りれば、利子をつけて返すのがルールです。

消費社会が進行し、お金を借りることが便利になる一方で、債務超過になる人も増えています。


ローンには

・貸金業者からの借金で個人の場合→10年
・貸金業者からの借金で法人の場合→5年
・クレジット会社や銀行からの借金の場合→5年

のような時効の制度がありますが、これを知っていないといつまででも返し続けている状態が続くことにもなりません。

いずれにしても慎重な「ローン計画」と「正しいローンの知識」が必要になってきます。

Yahoo!News